理事長ごあいさつ

 

理事長 吉田 松雄 公益社団法人北海道私立専修学校各種学校連合会のホームページにおいでいただきありがとうございます。 当連合会の理事長として一言ごあいさつ申し上げます。
 私立専修学校は、時代や社会ニーズに応え、実践的な職業教育を通じて、多くの専門的な職業人の育成に努め、地域の産業経済の発展や文化の振興に貢献しております。
 特に、職業観や勤労観が未成熟で自分の就きたい職業を見い出せない者が少なくなく、就職後に短期間で退職する事例が増加するといった問題が顕在化している社会にあって、職業資格者を養成する高等教育機関として重要な役割も果たしているところであります。
 国においては、専修学校等が提供する職業教育を高く評価し、その教育力等を活用すべく、平成27年6月に閣議決定された努力が評価された 日本再興戦略改定2015」や「まち・ひと・しごと創生基本方針」などにおいて「職業実践専門課程の認定制度など産業界のニーズを踏まえた専門人材の育成機能の強化」や「実践的な職業教育を行う新たな高等教育機関の制度」などを明記し、「職業実践専門課程の認定制度」を着実に推進するとともに、早急に「実践的職業教育に特化した新しい高等教育機関の創設」を図ることとしております。
 さらに大きな重責を担うことになりますが、会員校それぞれが、将来を見据えて努力を重ねていくこととしております。
 一方、当連合会の会員校は、それぞれの専修学校等が担う職業教育にとどまらず、高等学校の教師の皆様とともに生徒の不安の解消等に努めたいと考え、北海道高等学校長会及び北海道高等学校進路指導協議会と連携を図り、全道の高等学校の要請に応じて校内キャリア教育プログラム(職業説明、体験型授業、進学相談会)を提供するとともに、中学生を対象に職業体験講座を提供しているところです。
 当連合会の会員校は、特色のある職業教育を行い、これまで多くの優れた卒業生を送り出し、社会から高い評価をうけております。本ホームページを訪問された皆様が、ここから各会員校のホームページにアクセスされ、所期の目的が達せられることを切に願っております。

北専各連について